Web+
PHP
 基礎から学ぶ!PHP/組み込み関数

TS for Computer
Web+
開始と終了
コメント・ステートメント
エスケープシーケンス
変数
一次元配列
連想配列
組み込み関数
 ┗ファイルの読み込み
ユーザ関数
ヒアドキュメント
算術演算子
比較演算子
他の演算子
if 〜 else
while
for
foreach
switch
サイトマップ
リンク
Home
PHP

「一定の処理を行い、処理した結果を返す」という一連の処理をブロックに一まとめにし、そのブロックを名前で呼び出すようにしたものを関数と言います。関数をあらかじめ用意しているものを組み込み関数と言います。PHPは多くの組み込み関数が用意されています。

例:
組み込み関数である「date()」は、日付と時刻を取得します。「date()」を使い日付と時刻を表示させてみます。

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo'); //日付/時刻関数で使用されるデフォルトタイムゾーンを設定
date(Y, time()); //これで「年」を取得します。
date(n, time()); //これで「月」を取得します。


今日は、2021年の5月15日です。
時間は23時50分51秒です。


date()
指定された引数timestampを、フォーマット文字列で返します。タイムスタンプが省略された場合は、現在のローカル時刻が使われます。
文法:string date ( string $format [, int $timestamp = time() ] )
a
"am"または"pm"
A
"AM"または"PM"
d
日(2桁:"01"〜"31")
D
曜日(3 文字:"Sun"〜"Sat")
F
月(英字の長い形式:"January"〜"Decembrt")
h
12 時間単位(2桁:"01"〜"12")
H
24 時間単位(2桁:"00"〜"23")
g
12時間単位(先頭にゼロを付けない:"1"〜"12")
G
24時間単位(先頭にゼロを付けない:"0"〜"23")
i
分(2桁:"00"〜"59")
j
日(先頭にゼロを付けない:"1"〜"31")
l
曜日(英字の長い形式:"Sunday"〜"Saturday")
L
閏年である場合は"1"、それ以外の場合は"0"
n
月(先頭にゼロを付けない:"1"〜"12")
m
月(2桁:"01"〜"12")
M
月(3文字:"Jan"〜"Dec")
s
秒(2桁:"00"〜"59")
S
英語形式の序数を表す接尾語(2 文字:" th "〜" nd ")
t
指定した月の日数("28"〜"31")
U
UNIX時間(1970年1月1日からの秒数)
w
曜日。数値("0"(日曜日)〜"6"(土曜日))
y
年(2 桁:"01"など)
Y
年(4 桁:"2001"など)
z
年間の通算日。("0"〜"365")
Z
タイムゾーンのオフセット秒数("-43200"〜"43200")



このページはリンクフリーです(リンク許諾不要ですが無断転載禁止)。
Copyright (C) 2004-2010 SASAKI. All Rights Reserved.