Web+
PHP
 基礎から学ぶ!PHP/一次元配列

Web+
基礎から学ぶ!PHP
開始と終了
コメント・ステートメント
エスケープシーケンス
変数
一次元配列
連想配列
組み込み関数
ユーザ関数
ヒアドキュメント
算術演算子
比較演算子
他の演算子
if 〜 else
while
for
foreach
switch
サイトマップ
リンク
Home
PHP

変数は、一度に1つの値しか代入できませんが、配列では添字を用いて同じ変数にいくつも異なる値を代入できます。

アレイを使用すると簡単に配列変数に代入できる。
自動的に「0」から連番で添字が付けられます。
array("PHP not found", "PHP v3", "PHP v4");

以下のように個別に代入することもできます。
添字を指定します。このとき「$php[2]」は未定義になります。
$php[0] = “PHP not found”;
$php[1] = “PHP v3”;
$php[3] = “PHP v4”;

添字を指定しない場合は、「0」から連番で添字が付けられます。
$php[] = “PHP not found”;  #====>$php[0]
$php[] = “PHP v3”;      #====>$php[1]
$php[] = “PHP v4”;      #====>$php[2]

-----------------------
【 sort 】配列ソート(昇順)
$a = array();
sort($a);

-----------------------
【 rsort 】配列ソート(降順)
$a = array();
rsort($a);

-----------------------
【 array_unshift 】配列先頭追加
$a = array();
array_unshift($a, 'data1', 'data2');

-----------------------
【 array_push 】配列末尾追加
$a = array();
array_push($a, 'data1', 'data2');

-----------------------
【 array_shift 】配列先頭削除
$a = array();
array_shift($a);

-----------------------
【 array_pop 】配列末尾削除
array_pop($a);



このページはリンクフリーです(リンク許諾不要ですが無断転載禁止)。
Copyright (C) 2004-2010 SASAKI. All Rights Reserved.