Web+
DBMS
 基礎から学ぶ!データベース(SQL言語)/権限の設定

データベース管理システム
基礎から学ぶ!DB(SQL言語)
列の追加
列名の変更
列のデフォルト値を削除
テーブル名の変更
列のデフォルト値の変更
列名とテーブル名に別名を指定
集計関数
取得する値の範囲を指定
取得を元にテーブルの作成
データベースの作成
インデックスの作成
テーブルの作成
一時的なテーブルの作成
ユニーク・インデックスの作成
ユーザの作成
行の削除
重複データの省略
データベースの削除
インデックスの削除
テーブルの削除
ユーザの削除
テーブルの設定
権限の設定
グループ化
複数の値を抽出条件とする設定
行の挿入
他のテーブルへ行の挿入
内部結合
外部結合
パターンマッチング
取得件数と読み飛ばし件数の設定
抽出条件の否定
不定値の取得
並び替えの設定
権限の解除
行の取得
行の内容を更新
抽出条件の設定
サイトマップ
リンク
Home
■ >>>>> 権限の設定(grant)


---------------------------------------------------------------------
文法 / 書式
---------------------------------------------------------------------
[PostgreSQL]
grant 権限 on 対象オブジェクト名 to ユーザ名

[MySQL]
grant 権限 on データベース名.テーブル名 to ユーザ名 identified by 'パスワード'
grant 権限 on データベース名.テーブル名 to ユーザ名@ホスト名 identified by 'パスワード'
---------------------------------------------------------------------


説明
PostgreSQL
grantは、現在connectメソッドで接続されているデータベース内の各オブジェクトに対して権限を設定します。権限、および対象オブジェクトが複数ある場合は「,」で区切ります。
権限の種類は以下の通りです。


権限
説明
all
すべての権限を与えます。
select
行を取得する権限を与えます。
insert
行を挿入する権限を与えます。
update
行を更新する権限を与えます。
delete
行を削除する権限を与えます。
rule
テーブル・ビューにルールの定義を可能にします。

MySQL
grantは、権限の設定とユーザを作成します。権限、データベース、およびテーブルが複数ある場合は「,」で区切ります。
「grant」に続けて、権限を設定します。権限の種類は以下の通りです。


権限
説明
all
すべての権限を与えます。
select
行を取得する権限を与えます。
insert
行を挿入する権限を与えます。
update
行を更新する権限を与えます。
delete
行を削除する権限を与えます。
create
データベースとテーブルを作成する権限を与えます。
drop
データベースとテーブルを削除する権限を与えます。
alter
テーブル名と列名を変更する権限を与えます。
index
インデックスの作成と削除の権限を与えます。
file
ファイルにアクセスする権限を与えます。
process
プロセスを管理する権限を与えます。
reload
リロードする権限を与えます。
shutdown
データベースをシャットダウンする権限を与えます。


「on」に続けて、どのデータベースのどのテーブルに権限を設定するが示します。「データベース名.テーブル名」のようにします。すべてのデータベースを選択する場合は、データベース名の変わりに「*」を、すべてのテーブルを選択する場合は、テーブル名の変わりに「*」を示します。例えば、すべてのデータベースとテーブルを対象とするならば「*.*」となります。
ユーザの設定には2種類あり、ホスト名を指定するタイプとしないタイプがあります。ホスト名は、IPアドレスでも構いません。CGI(Perl)ファイルから実行する場合、「ユーザ名\@ホスト名」のように「@」の前に「\」を付けエスケープする必要があります。パスワードを設定する「identified by 'パスワード'」はオプションです。



このページはリンクフリーです(リンク許諾不要ですが無断転載禁止)。
Copyright (C) 2004-2005 SASAKI. All Rights Reserved.